手袋を編みました

投稿者: | 2012年10月19日

この手袋は、左右が微妙に違います(^^;
というのは、1つ作って(右手)から、2つ目のほうは微妙な所を調整したからです。
ゴム編み部分ですが、2号落としの6号で編んだほうは少し緩めに編みあがりました。
しかし、ゴムの作り目から始めたので全部ほどかないとなおせません。
そこで、メリアスとゴムの境目を切断し、ほどいた糸で4号針で編み直しました。
つまりゴム編みの編み方向が左右で異なるのです。
ちょっと見たぐらいではわからないでしょ?
ということで、これで完成とします。

【編み図】

【準備】

メリアス編みのゲージを編みます。(模様にしたい場合はそのゲージ)
製図または簡易図を描いて、目数と段数を入れていきます。

【編み方】
※右手の場合です。左手は逆にすることを忘れない

  1. 共鎖で必要目を作り、輪にします。
  2. ゴム編みを好きな長さまでぐるぐると編みます。(針の号数を1~2号落とす)
  3. 針をメリアスの号数に変えて、メリアス編みを指定の段まで編みます。
  4. 別糸で親指の半分の目を編み、その上に続けて手袋のメリアスを編みます。
  5. 続けて表編みを小指の付け根まで編みます。
    小指の分だけを針に残して、残りは別糸に通しておきます。
  6. 小指は指定の目数を編んだら、巻き増し目で1目増やします。
    ぐるぐると必要な段を編み、全目を2回絞ります。裏側で糸始末をします。
    ※すぐに後始末をせずに糸を長くしておくと、後で調整ができます。
  7. 薬指以降を編むときには、マチの目から糸を付けて、2段をグルグルと編んでから、甲側で目を拾い、巻き増し目で1目作り、掌側で必要目数を拾います。
    合計目数を必要な段だけ編み、小指と同様の処理をします。
    ※小指と人差し指以外は、2目が増えることになります(拾い目と増し目分)
  8. 親指は別糸を抜いて針に移し、境目から1目づつ拾って、合計目数をグルグルと編みます。
    拾った目は穴が開かないように、ねじり目で編みます。
  9. とじ針で、指と指の間の後始末をします(穴をふさぐ)

小指まで編めました。
輪針や一本針を使っている場合は、手を入れることができます。
途中ではめてみて、目数や段数の調整をします。
そうすれば自分の手にぴったりサイズに仕上がります。
ぴったりの手袋は気持ちがエエもんです。

サンプルの糸は、ディーヴォ(クローバー)、メリアス編み8号輪針です。
2本の輪針を使って編みました。
ゴム編みの作り目は、指でかける作り目です。

 

手袋を編みました」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 手編み フリンジの最新 NEWS

  2. ピンバック: 棒針で編むミトン・手袋の無料編み図まとめ – 無料編み図・無料型紙・無料パターンなどハンドメイド情報…いろいろハンドメイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)