WordPress勉強中!

WordPress 初心者です。書籍などを参考にテーマ作りを勉強しております。
その忘備録です。最新の内容ではありません
このページは練習用として作成しているテストサイトです。記事の内容とサイトの構成は異なる部分もあります。

このサイトを作るにあたって、勉強させていただいた本は、「WordPress デザインブック(ソシム)」です。
とてもわかりやすくて、PHP をほとんど知らない私でもなんとかサイトを作ることができました。

テーマが古すぎ

古くなって、新しいバージョンに対応しないプラグインが増えてきました。

メインブログ(マルチタイプ)も、怪しくなってきたので、最近のテーマに変えました。

このサイトは、この記事でおしまいにしますが、参考のために残しておきます。

1から、テーマを作る元気はないので、既存のテーマをダウンロードして使うことにします。

 

WordPress画面が真っ白になった

WP Social Bookmarking Light というプラグインを使っている。
ブログの記事をFacebookにシェアすることができるプラグインで、便利なのだ。

「手編み勉強室」の管理画面に入ったら、プラグインの更新案内があったのでポチっと押した。すると、これ以後画面が真っ白になってしまった。
ブログはもちろん開けず、管理画面にはいることもできない。
ギョギョギョ! って、もうサカナくん状態。

ちと調べてみると、PHPのバージョンが古いと(5.5以下)この状態になるという。
早速、レンタルサーバーのさくらインターネットへ飛ぶ。
PHPのバージョンは標準で「5.6」だというではないか。どぉいうこと?

今までつかえていたのだから、下位バージョンならばなんとかなる。と

WP Social Bookmarking Light 本家へ行って見る。

ありますた。
このDevelopment Version というコンボボックスから、最新より1つ前のバージョンをダウンロードし、(先に元のバージョンをフォルダごと削除)インストールしました。なんとか無事に戻せたものの、今後を考えると・・・

WordPress ユーザーのみなさま。気をつけてね。
このブログでも使っていましたが、イマ停止しました(^^;

WordPressのアンインストール

WordPressをアンインストールしてみます。
重たくなってしまったので、再セットアップしたいためです。
元のデータをバックアップ後に、次の2点を実行します。

  1. サーバにアップしたWordPressのファイルを削除する
  2. WordPressで作成したデータベースの削除

【手順】

  1. FTPソフトを使ってフォルダごと削除する
  2. サーバーのデータベースにアクセスし、該当するテーブルを削除する
    (データベースごと削除した)

記事を一括削除するプラグイン

Bulk Delete というプラグインを使うと一括で記事を削除することができます。
こちらに詳しい解説があります。

画像のフォルダを変更するために、記事をエクスポートして、ローカルで編集しました。

記事をすべて削除してから、インポートしたのですが、ごみ箱に残っていたためインポートできませんでした。
ゴミ箱を空っぽにしてから再度インポートで成功です。

 

表示速度をあげる

手編みのブログで、1000以上の画像が使われていたせいか、表示が遅くなった。
プラグイン「W3 Total Cache」というのを入れてみた。

使用前

20160526-1

使用後

20160526-3

画像のサムネイルを作らない

画像を追加すると、3種類の画像ファイルが自動で作られます。
これを作りたくない場合は、サムネイルのサイズをすべてゼロにしておきます。

設定サイズより小さな画像は、そのタイプ(大中小のうち)のサムネイルは作られません。

インポートの注意点

ブログがだいぶ重たくなったので、新ブログを作成しました。
インポートメモを書いておきます。

 

準備として、次の3フォルダの中味全部を、wp-content フォルダにFTP転送しておきます。つぎにWordpress のエクスポートを使ってファイルをダウンロードします。
20160526-2

インポートする前に、パーマリンク設定と、メディアのサムネイルサイズを元と同じにしておきます。これをしなかったので一度失敗しました。
全部ファイルを削除してやりなおしました。

download manager を使う

wordpress download manager 2.8.4 をインストールしましたが、エラーで有効化ができませんでした。

Webで検索したら、バージョンダウンすれば使えるらしいということが分かって、古いバージョンをダウンロードしてインストールしました。

今度は有効化することができました。
新しいバージョンでも対応させてもらえると嬉しいのですが・・・

こちらのページに詳しい内容があります。
同じエラーなので参考にさせていただきました。

 

Jetpack のFacebook連携をはずした

Facebookで、Likeボタン(いいね)を押してもらっても、WordPressに反映されないもんだい。どうやら直接URLを入力する方法だとよくないようです。
Jetpack で記事を自動投稿(タイムライン)すると、Facebookで押されたLikeはWordPressには反映されませんでした。

タイムラインでなく、Facebookページへのシェアは、ちゃんとWordPressに反映されます。不思議ですが、理由は不明です。とりあえずはJetpackでの連携をオフに。

次のことを実行したら、タイムラインで押されたボタンも反映されるようになりました。

  1. JetpackのFacebook連携をオフにした
  2. JetPackのOGPをはずした
  3. 投稿記事は、シェアボタンを使ってFacebookにリンクした

このブログには、Jetpackは入れてありません。OGPは、「Open Graph Pro」プラグインを使っています。

いいねボタンのコードを変更してみました。
ウェブ用のコードを取得するのはコチラです。

FacebookのLikeがなくなる?

Facebookの、Like boxは、2015年6月23日から使えなくなるそうです。

代わりに、Page-plugin を設置してみました。

しかし、コードを貼り付けただけではいかにもみっともない!
こんな感じです。
20150518-1

設定で画像とかは非表示にできるようです。
実験後、取り外して、また Likeをつけました(^^;

 

Jetpackを使う

FBのRSS Graffitiサービス終了。
ブログから記事を自動でフェイスブックにシェアしてくれるという、便利なサービスでしたが、2015年4月30日で終了しました。

代わりに、Jetpack プラグインを使ってみましたが、今までのようには行きません。
記事が複数表示されてしまう、とか、文字列が全部つながってしまうとか・・・です。

自力でできないのだから、どうしようもありません。
WordPressだってバージョンが上がっても、プラグインがそれについていくとは限らないし、そういうことも含めて考えなければいけないなぁ・・と感じています。

いろいろ実験する元気がありません。
せっかく設置しても元のサービスがどんどん変わってしまいそうで(^^;

Jetpackから吐き出されるOGPには、app_id がありません。
FacebookのDebuggerにかけると、次のようなエラーが出ました。
150817-1

そこで、JetpackのOGPを削除し、header.phpにOGPを入れました。
追加したのは次の部分です。
<meta property=”fb:app_id” content=”ここにはapp_id” />

JetpackのOGPは、function.php に次のコードを入れると出力されなくなります。

add_filter( 'jetpack_enable_open_graph', '__return_false' );