コンテンツへスキップ

家にいると、休みの日であろうと真夜中まで仕事をしています。(ダンナ)
そこで仕事から離れるために、時々お泊りで出かけます。

年末から和食ばかりだったので、中華にしました。
栃木県佐野市になる道の駅「どまんなかたぬま」の、「花と華」です。
道の駅には珍しく、本格中華が食べられます。

DSC_0069

ハウスワインです。安いので(^^;

DSC_0071

ちょいと奮発して「酔っぱらいカニ」
あまり好きじゃないかも・・・ 私は日本のカニがいい

DSC_0073

エビチリです。大好物

DSC_0075

チンジャオロース。トーチャンの好物

DSC_0077

これもトーチャン注文。なんだか知りません。肉ばっかり

DSC_0079

カニ卵。これは肉嫌いなワタクシの注文。

DSC_0080

カタ焼きそば。大好きです。肉はどけます(^^;

DSC_0081

海鮮チャーハン

pig になりそ・・・

 

今日は美ヶ原高原泊の予定でしたが、雲が切れないため、山を下りました。

美ヶ原から下りてきたところに、小県郡長和町があります。
道の駅「マルメロの駅ながと」があり、道の駅に「長門温泉」があります。
今日はここに泊まることにしました。

午後2時という早い時間に到着したので、明るい昼間にのんびりと温泉に浸かることができました。
山々を眺めながらの入浴に、こよない幸せを感じます。
この温泉には何度も来ていますが、2011年に作ったページがあります。
げっ!同じ写真が2枚あるぜ・・・

DSC_0025

長和は、とてものどかところです。
周囲にはブドウ畑や田んぼがあります。
稲刈り前の稲穂が美しい黄金色に惹かれ、年寄り歩きで(なんじゃそりゃ)近づいて1枚撮りぃ!

DSC_0022

温泉にたっぷりと入ったおかげで、腰の痛みがずいぶん緩和されました。
温泉の効力ってすごいなと思います。

道の駅は満車状態です。レストランも並びました。
一般車がほとんど車中泊をしています。
こういうのを見ると、日本経済は少しもよくなっていないのでは?と感じます。
旅館に泊まる人がそれだけ減ったということですから。私たちも含めてね。

ただいま23時30分
ダンナとワンは鼾合戦をしとります。
私はといえば、そろそろベッドインして、眠くなるまで読書するつもり。

DSC_0009

道の駅「きらら289」の中にある温泉
開店と同時に入ったので、まだ誰もいない。
人がいないので、入浴前の1枚をパチリ。

内風呂も広くてゆったりしているが、やはり露天風呂がよい
目の前が山なので、森の中で入浴している気分
湯はナトリウム泉で、かなりしょっぱいけど、今日の腰は最悪なので、温泉ぐらいじゃぁ痛みがびくともしないね。

DSC02123

相変わらず水が大好きで、川から出ようとしない。
泳がせないでよね。ビショビショになるから!

DSC02117

なかなか自然豊かな道の駅だ
昨夜の駐車場は、車中泊でほぼ満車状態
前日の酒が残っているので、今回はノンアルコール

DSC_0010

DSC01915
夕陽の赤が海に映って、波がキラキラと光っています。もうすぐ沈むのかな。
下に雲があるのが気になります。

DSC01920

陽が雲の間に隠れそう・・
しかし、雲が細いので下から現れました。

DSC01922

すぐにすっぽりと雲に飲み込まれるでしょう。
最後の光を思いっきりだしている感じ。
もう、海も赤く光っていない・・・

道の駅 キララ多伎

DSC01911

今晩の宿は、出雲と決めていました。
美しい夕陽が望める道の駅があるのです。
建物もおしゃれです。

今日の夕食は、ここで日本海を眺めながらです。
私は海鮮丼、旦那はスタミナ丼(ウナギみたい)
この店、どんぶり屋さんのようです。ツマミが全くありません。
仕方なく海鮮丼の、海鮮部分をつまみに生ビールを飲みました。

DSC_0021

DSC_0022

4

DSC01869

昨日は、道の駅「但馬楽座」を「ショボイ」と言ってしまいましたが、朝になってみるとなかなかいいです。
トイレはショボイけれどネ(^^♪

ここ、お泊りもできるようです。
24時間開いているローソンもあります。
うどん屋さんがあるのですが、11時からというのでそれは諦めました。

温泉、朝8時からはいれるのです。
一番風呂で、しかも貸し切り。最後まで一人でした。本当にラッキーだわ。

DSC_0025

露天風呂はないのですが、ガラス越しに庭や山が望めるので、露天風呂気分は味わえます。
誰もいないので、腰痛ストレッチをしちゃいました。

いつもなら、夜中の3時ごろまで眠れず、その後も何度も目覚めます。
それが昨夜は、枕もとの本も読まず、すぐにねて朝までぐっすり。
とても幸せな気分で、朝を迎えました。

10:50  鳥取に向かってドライブ中

今日は晴天です。
あと1時間もしないうちに、鳥取砂丘につきます。
今日は松江に泊まる予定ですが、松江城や美しい日本海の夕暮れが楽しみ!

松本清張の「砂の器」を読んで以来、ずっと山陰にあこがれてきました。
千代吉と秀夫が、村を追われ、山陰を旅するのですが、涙なくしては読めませんでした。
ハンセン氏病患者は、昔は実際に差別・迫害を受けていたのです。
私が住んでいた町の近くにも、ハンセン氏病の施設がありました。

 

rps20150321_203801

とってもひさしぶりに、温泉にやってきました。

喜連川温泉はお馴染みなので、今回は同じさくら市にある「松島温泉」というところです。到着したのは午後4時を過ぎていたので、約200円の割引料金で610円。

この温泉、少しぬるいのですが、すべすべでとてもいい湯です。シャワーボタンを押すと温泉が出てきます。

温泉で体洗いや洗髪ができるって、なんて贅沢なのでしょ。温泉だと石鹸の泡が立たないので、特殊な石鹸が用意されています。

氏家のブックオフで、小説を仕入れてきたので、今夜は読書三昧しながら寝ます。

お味噌が少なくなったので、道の駅まで買い出しにきました。
道の駅で味噌を買うので、ここ数年スーパーで買うことがなくなりました。
手作り味噌は、美味しいものが多いです。
何がなくても味噌汁が欲しい、古い人間でございます(^^;

ついでにお野菜もネ。
道の駅の野菜は取れたてで新鮮です。
まか不思議な露店も多く出ております。

rps20150125_140749
「道の駅ごか」(茨城)

rps20150125_140927

「道の駅 庄和」裏の公園(埼玉)

空が青くて気持ちがいいね。
冬の公園って、ちっと寂しげだけど・・・

DSC01660

手賀沼サイクリングロードですが、チャリには乗れない足なので、サイクリングはナシです。

DSC01661

師走の忙しい合間をぬって
温泉入浴してきました。

道の駅の隣には、満天の湯というなかなかいい温泉があります。

湯西川には温泉付きの道の駅があります。
雨を覚悟で出かけたのですが、降ったのは夜中だけで翌月曜は晴天でした。
まさに紅葉狩り絶日よりでした。

DSC01533
道の駅から湯西川を望みます。

DSC01546

予約いっぱいで乗りそびれました。
湯西川ダムから撮った水上バスです。小さい?

DSC01554

DSC01555

温泉街にある「平家の里」です。入場料をケチって外からの撮影です。(ケチ!)

DSC01573

ジャンは橋を怖がります。
尻尾が下がってこんな状態です。

DSC01543

道の駅の温泉です。
ものすごく掃除が行き届いていつもピカピカです。
ガラス越しですが、紅葉の山河を一望できます。

 

 

2

今年初の群馬です。
仕事が忙しく、週末休みがなかなか取れないなか、一泊だけの旅です。
久々に群馬に行ってきました。
生憎の鈍天候でしたが、車窓からお花見をしてきました。

DSC00863

八ッ場ダムの完成はまだまだのようです。
50年以上も大金をかけて何をやっているのでしょうね。
紫ツツジが美しく咲いていました。

DSC00861

写真には写ってくれないのですが、温泉の湯けむりが濛々とたっていて
温泉特有のイイ匂いです。川原湯温泉の湯は大好きです。

DSC00853

道の駅のレストランです。注文は「とろろ丼定食」
ここへ来るとコレばかりです。山芋(とろろ)がすきなんです。
ご飯全部平らげました。
炭水化物はご法度なのに(今年になって3Kg増えた)
ついついついつい・・・(^^;

DSC00855

お酒の肴に、八宝菜と漬物盛り合わせを別途注文。
高血圧なので、漬物は禁じられていますが、毎晩食しています。
ぬかみそも自前で漬けているほど・・体によろしくないものを食べております。

DSC00854

ダンナはどこに行っても肉ばかりです。
お腹がお相撲さん化しつつありますが、肉はやめられないようです。

DSC00867

日曜日は天狗の湯(温泉)に行きました。
誰もいません。
日曜だというのに貸切です。
400円なのです。ここの入浴料。
銭湯より安いのにね。

ベッドが変わったせいか、朝から腰痛に悩まされていましたが
温泉入浴後に痛みが嘘のように消えました。
温泉の効力ってすごいです。