コンテンツへスキップ

今年の太秋は、実がなりすぎてだいぶ小ぶりだ。たくさん落ちたが、まだ多くは残っていた。強烈な台風が来るので、少し早いが収獲してしまった。

台風は、7個ほど落としてしまったが、落ちてないのも残っているので、また少し収獲。固いのも太秋の特徴であるので、それもまたサクサクで美味しい。

毎度お馴染み手賀沼温泉。土日予定だったが、土曜日午後から雨だというので、1日はやめて金曜夕方に家を出た。

入浴後は、みのたで夕飯。湯あがりの生ビールが美味しい。温泉の食堂がいまいちなので、最近はここばかりである。店主のオッサンがサービスにいろんなものを出してくれる。今日は「ナスの糠漬け」が自慢でお代わりまで出してくれた。

土曜日は朝から雨

傘をさして少しだけ散歩したが、腰の状態がよくない。ちょい憂うつ。

朝食はいつもの野菜レストランでトースト。窓ごしに手賀沼を見ながらのコーヒータイム。

 

ランチは、花之江の郷のビュッフェで、バランスの良い和食。

花に包まれた至福の時だ。

食後に野草園に入ったが、花は少なくて、蜂がブンブン飛ぶ音がうるさかった。

 

喜連川の道の駅で朝食。昨夜腹痛に悩まされたので、軽めに。

ぎょどこが軽いんだか、焼きそばパンがデカイ。

お腹が膨らんでから、山野草などを求め八方ヶ原へ。野草はほとんどなく、おまけに霧で視界も悪い。雨も降ってきた。

昔ハイキングをした懐かしの山を、早々に後にした。

那須の道の駅「友愛の森」へ移動するも、レストランが3時でおわって。どうするんだい、今日の夕飯は。

道の駅の前に蕎麦屋があったので、少々早いが夕食を。なんなんだこのうどんの太さは‥昨夜酷い腹痛だったので、今日はお腹を労ってうどん。

さて、腹が膨れたのでもっと静かな道の駅えと、少しだけ移動。「明治の森 黒磯」。ここは、子どもの遊び場などはないが、大人にとっては、素晴らしい道の駅だと思う。パーキングの作りが贅沢、静か、緑が溢れている、などなど。もちろん、トイレは洗浄便座である。

今日はここに泊まる。

今年の夏は猛暑だったので、とても出かける気分にはならなかった。アウトドアは夏休みキャンプ以来だ。

あいにくの雨で、当初予定の手賀沼サイクリングはやめて、のんびり温泉旅旅となった。新しい道の駅「西方」と言うところを目指している。一応カメラ持参だが撮れるかしら?

西方は、温泉が遠い、トイレがふるいえ、などの理由から、喜連川に移動した。その前にちょっと早い夕飯を「志生亭」で食す。

食後は久々に早乙女温泉入浴。施設は古けどいい湯だわぁ

出先にPCを持ってあるかなくても、iPad で記事を投稿できるようにしようと思う。

問題は写真のサイズだが、いちいち小さくするのが面倒なので、検索してみたら、Imsanity という WordPressのプラグインを見つけた。

とりあえず上限を 640ピクセルに設定して6000px画像挿入テストしてみる。

げ、ダメじゃん。大きすぎて入らないと警告を受けた。

はいった。6000ピクセルでは上限の5MBを超えていたためらしい。
iPhonで撮った写真で試したら(4000程度)小さくしてくれた。
次は、iphon でテストしてみよう。ふむふむ おけ。でも iPad で撮ったことがないのが唯一不安(^^;

Dolingoの日本語から英語を学ぶには、56個のスキルがある。
1つのスキルは5つのレベルに分かれており、一つ一つのレベルには数十の問題がある。それをすべてクリアーすると、280のスキルが終わる。56×5=280
言葉にするとあっという間だけど、壁は結構厚くて、指痛に悩まされながらも数年かけてなんとか頂上まで登れた。後は、ゆっくりと復習しながら下山することにしよう。

ずいぶん久々のイタリー亭、イカスミパスタを食べたが、なんか以前よりも美味しく感じなかった。コーンスープはとても美味しかった。

トマトサラダ

コーンスープ

イカスミパスタ、う~ん ピンボケ

なるべく入力したくないので、Anki を使いたいとずっと思っていたけど、探せど探せど「日英」の適当なデータがない。
条件は3つ

1.表が日本語で裏が英語である
2.音声も欲しい
3.中学生レベル

自分で1から作るのでは、また目も手も使わなきゃならないし、それはやりたくはない。
そこで見つけてきたのが「英語-ベトナム語」
これは簡単だし、私にもなんとかなりそうだわ。
Google翻訳に手伝ってもらって、ベトナム語部分を日本語に変える作業を今日から始めた。
最初は、Webilio を使おうと思っていたんだけど、機械的すぎてやめた。

元データは、空っぽデータが表示されていて、「解答を表示」ボタンを押すと、英語とベトナム語と、音声が同時に出た。
それを、最初「日本語」で、ボタンを押すと「英語」[音声」が同時に出るようちょこっとカスタマイズ。
499個のデータだけど、まさに中学生レベル、これを1日20個までとして、嫌いにならない程度にやる。
なんか楽しみだなぁ。打たなくても簡単な作文ができるようになる?それに音声付だしね。
よしっ!いよいよ英作にチャレンジだ。打たなくてもできる英作文に!

  1. 「ファイル」→「書き出す」をクリックする
  2. 対象ファイルを選択し、「書き出す」をクリックする
    テキストファイル形式のノート (Notes in Plain Text) を選択するとそれぞれのフィールドはタブによって区切られるので、編集が可能。
    フィールドを変更しなければ、Anki にインポートをし直すことができる。
  3. 任意のフォルダを指定して「保存」をクリックする。