クリスマスカード

最初のレイヤー(背景)にグラデーションを作る。ソフトブラシを使って濃い色から順に3色で色を塗る。調整からぼかしを選択し、左から右にドラッグする。このレイヤーをロックする

新しいレイヤーを作り、雪の丘のアウトラインを描く(スタジオペン)
このレイヤーを基準にする。(塗りつぶしがはみ出ないため)

新しいレイヤー(雪の丘)を作り白で塗りつぶす。このレイヤーも薄い水色でグラデーションする。 はみ出さないようにレイヤーにアルファロックをかける。 

レイヤー「雪だるま」を追加し、「基準」に設定する。 丸を書いて黒く塗りつぶす。このレイヤーを複製する。複製した雪だるまはアルファロックし、白と薄い水色で塗りぼかしをかける。 下の方に黒が少し残るようにする。 

新しいレイヤー「雪だるま顔」を作り、やや小さい丸で、上と同じように操作する。

レイヤー「目」を追加「基準」に設定する。キャンバスの操作ガイドをオンにし、「編集」-「操作ガイド」から「対称」を選択する。中心を雪だるま顔の真ん中あたりに持ってくる。 スタジオペンで黒色で目を書き、塗りつぶす。 目の中に白でハイライトを入れる。 

レイヤーを追加し、鼻と口をかく。 

レイヤー追加し、白の雪ブラシで雪を書く。このブラシは外部ブラシ。 

「設定」-「追加」-「テキストを追」をタップしし、白で文字を入れる。「スタイルを編集」をタップし、フォントを好きなものに変える。

レイヤーを追加し黒で塗りつぶす。このレイヤーに「オーバーレイ」を設定する。

ざっとこんな感じだけれど、まだ全然わかっておりません(^^

雪を降らせるGIF

GIMP2.6 のときには、簡単に雪を降らせることができたが、2.8でやってみるとブラシのオプションが微妙に違ってしまっていて雪景色がうまくできない。
そこで探してみると、画像に簡単に雪を降らせてくれるサイトを見つけた。

サイトはこちら

http://photofunia.com/categories/lab/weather

戸建住宅作成

この住宅は、「GoogleSketchUp パーフェクト 作図実践」(エクスナレッジムック)を参考にさせてもらいました。
「本を見ながら作ったのだから簡単だろう」って?

いやいや、そうはイカのなんとかで、結構大変でした。
建築ド素人というのがその1
その2は、作成アプリが超やっかいな代物。

SketchUp2017 の無料版というのをダウンロードしたのですが、環境がやけに厳しくてすぐにクラッシュしてしまう。
ダンナに頼んでPCのメモリを、4Gから8G増やしてもらった。
なんとかかんと書いていき、終盤に家具などのコンポーネントを読み込みだしたら、クラッシュの連続。
せっかく作ったファイルを開くこともできなくなった。数日の苦労が水の泡で泣く。
グラフィクスカードもOpenGL3.1で対応しているはずなのに、なんでこんなにひどいのか。

古いバージョンのGoogleSketchUp8を引っ張り出して、最初から書き直し。
クラッシュはしないものの、コンポーネントは1つも使えない。また泣く(^^;

以前にダウンロードしておいた赤のシビックや、本のCDに同梱されてたものを使ってしのぐが、樹木など欲しいし。
新バージョンのSketchUp2017を起動し、サイトからモデルをダウンロードし、これをGoogleSketchUp8用にエクスポートする。
そして古いのを開いて、読み込む。と、こんな感じで完成したのがコヤツです。
最後は疲れたので、トイレとかナシ。トイレがない家なんてひどいね。

家具は作ってないけど、窓やドアは作りました。これ、結構はまりました。面白い!

 

かんたんなテーブル

幾つかのツールを使っただけの、簡単テーブルです。
これくらいなら、一人でなんとかできるもんねー(自慢にもならんけど)

簡単な工程

  1. 長方形ツールで天板を描く。140cm×70cm
  2. プッシュブルツールで持ち上げて箱型に(高さも70cm)
  3. 天板以外は削除して天板のみ残す
  4. 隅に四角を描いて、プッシュブルツールで押して溝を作る
  5. 5cm角を作ってプッシュプルでテーブルの高さまで持ち上げる
  6. 足を3か所にコピーする
  7. 木目のマテリアルで色を塗る

六枚はぎの帽子

SketchUp を使った3Dは難しくて、私の手には負えません。
本のとおりに描くのならなんとかなるのですが、応用というと・・・チト無理。

簡単なモンぐらは一人で作りたいじゃぁありませんか。
そこで、以前作った帽子の製図を引っ張り出して、3D化してみました。
使用ソフトは GoogleSketchUp8です。無料版の古いやつ

どうやったかというと、JWWで書いた平面図を3DSとして保存します。
Ver7.11以降だと、DXFファイルで保存すると、同時に3DSもできます。

GoogleSketchUpにインポートしたのですが、そこからがうんともすんとも言ってくれない。
しかたがないので、この上からなぞりました。使ったのは、円弧ツールと直線ツール
外形が書けたら、Z軸方向に回転(持ち上げる感じ)します。
底は原点を中心に円を書いておきます。フォローミーツールというのを使って、持ち上げた図を円に沿ってグルリとマウスでドラッグします。
あらら、帽子ができちゃったわ

 

 

マグカップ作成

「SketchUp 2017」にアップデートして最初の作品です。

マグカップ作成は2個めですが、最初のは初チャレンジだったので、拡大したら取っ手が離れてた(^^;

今回はちゃんと中まで入れて接着させました。
印刷してもらおかなぁ
3Dプリンタ用データにエクスポートする機能がなくて、SketchUp STLというプラグインをDLしたのですが、このページが英語・・・なんのために英語の勉強をしてんだか分からないほど、できません!
しかし、install という単語だけは分かったので、なんとかなりました。