ダイソーのコットンで編む立体マスク

投稿者: | 2020年4月13日

ダイソーのコットンヤーンで、マスクを編んでみました。制作過程をメモしておきます。
少し難しいかもしれませんが、刺繍などすればおしゃれなマスクに変身します。

用意するもの

コットンヤーン1玉、1号棒針(輪針)、かぎ針

編みかた(サンプルゲージは26目38段)

  1. かぎ針で別鎖(別糸で編む鎖編み)を33〜34目くらい編む。マスクを編む糸に変え、棒針で鎖の裏山を32目拾う
  2. 増減なしで22段編む。左右の端3目はガーター編みで、それ以外はメリアス編み。
  3. 立体部分(膨らみ)を引き返し編みで編む。膨らみは2cmくらいとした。前半は編み残す引き返し編み、後半は段消しをしながら、編み進む引き返し編み。※W&TでもOK。
  4. 増減なしで22段編む。左右の端3目はガーター編みで、それ以外はメリアス編み。
  5. 2目ゴム編みを16段編む。※左右端は表3目
  6. 右端の4目を使って、別針でicode(アイコード)を38段編む。※メリアス編みでもよい
    ※サイズが異なる場合、この紐の長さで調整する。
    必要な長さを編んだら、糸を切って、左端の4目とメリアスはぎで繋げる。
    針に残っている二目ゴム編みの目を止める(ゴム編み止めが難しい場合は伏せ止めでもよい)
  7. 反対側は鎖をほどきながら32目を拾い、5番以降(ゴム編み)と同じに編む。

編み図(アバウトです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください