楕円の作り方(細編み)

投稿者: | 2015年8月2日

かぎ針編みを経験した方は、1度ぐらいは丸いものを編んだことがあるのでは?
コースターやドイリー、帽子などです。
例えば6目を輪に入れてしぼり、毎段6目ずつを増やしていくと、どんどん円が大きくなります。

楕円もこの原理を使うと、意外と簡単にできます。
6目を両側で半分ずつ増していけばよいのです。(均等に増す)

手作業なので、かなり荒っぽいのですが編み図を作ってみました。
作り目10目のミニ楕円なので、すぐに編めます。
サイズを変えたい場合は、直線部分の目数(作り目)と、段数を変更すればOK!

これは上の編み図で編んだものです。
毎段3目ではなく、対象にするために4目や2目にする場合もあるようです。
そんなのも編んで比較してみようと思います。そのうち・・・

何でこんなものを書いたのかというと、この原理を把握すれば好きなサイズの楕円が作れるからです。
自分の好きなサイズのポーチなど。
編み図は、手書きするほうが全然速いと思います。私は面倒にもCADを使ってしまった(^^;

こんなのができあがりました。ちいちゃなバニティポーチです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください