指で作る一目ゴム編み目(奇数)

  1. 必要寸法の3倍程度の長さをはかり糸をにかけます。(短い糸が親指にかかっている)
  2. まず針を糸の左側からいれ1回転させて巻き、裏目を作ります。
  3. つぎに、針を親指側の上から入れて、人差し指の上側を通って、抜きます。これが表目になります。
  4. 奇数目の場合、最後は、裏目で終わります。
  5. 2段目は持ち替えて表目から編みます。2目めは編まずに右の針に移し、次の目でまた表を編みます。編まない裏目のときは糸を手前に置きます。
    浮き目(糸を手前に置くすべり目)と表目を交互に繰り返します。
  6. 3段めは「浮き目、表目」を繰り返します。
    2目ゴム編みの場合は、次からは2目ゴム編みになるように、目を入れ替えながらあみます。
  7. 4段目からは普通にゴム編みを編みます。

 

別鎖で作る一目ゴム編み目

  1. 要目数の半分の目を別鎖であみます。
  2. 鎖の裏目を拾って、メリアス編みを3段(拾った目を含めて)編みます。 引き返し編みです。
    このときにゆるめに編むのがコツです。後で渡り糸が拾いにくくなります。
  3. 端の目と渡り糸に針を入れて、一緒に裏目を編みます。
  4. 渡り糸(↓の写真の3のところ)を、下からすくって、表編みを編みます。
  5. 棒針の目から裏目を編みます。(写真2のところ)
  6. 「4~5」を繰り返します。
    作り目が終わった時点で、2段が終わったことになります。

別鎖で作る二目ゴム編み目

ゴム編み作り目

  1. 要目数の半分の目を別鎖であみます。
  2. 鎖の裏目を拾って、メリアス編みを3段(拾った目を含めて)編みます。 引き返し編みです。
    このときにゆるめに編むのがコツです。後で渡り糸が拾いにくくなります。
  3. 3段を編み終えると図のように、糸側を右にすると裏が見えている状態になります。
    (1)のところに針を入れて裏編みを1目編みます。(ここは2本を拾う)
  4. 次に(2)の目に針を入れて裏編みを1目編みます。
  5. 今度は(3)です。針にかかっていない渡り糸をすくって表編みを1目編みます。
  6. 次の(4)も(3)と同様に、渡り糸をすくって表編みを編みます。